自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

他車運転危険担保特約(他車運転特約)とは?

 

他車運転危険担保特約(他車運転特約)は他人の自動車を運転している時に交通事故を起こした場合に使われる特約で、基本的には、SAPやPAPなどのセット保険に付いています。

 

他車運転危険担保特約とは、他人の自動車を運転している時に事故を起こしてしまったと仮定して、その自動車が無保険車であったり、家族限定などによって保険が使えない時に運転者自身が加入している自動車保険で損害を賠償できる特約のことをいいます。

 

また、他車運転危険担保特約は、賠償額よりも運転していた自動車の保険金額が少なかった時にも使われます。

 

他車運転危険担保特約は、SAPやPAPなどのセット保険には自動的に付いてくる特約ですので、特別に手続きをする必要はありません。

 

通常の場合ですと、借りた自動車に保険が付いていて交通事故を起こしてしまった時は、その自動車の保険が優先的に適用されることになっています。

 

ですが、保険会社によっては運転していた人の保険を優先して適用することになっているところもあります。

 

なぜかというと、交通事故を起こしてしまった自動車の保険を優先的に適用してしまうと、自動車を貸してあげた人の保険料が翌年から高くなってしまい、迷惑をかけてしまうからなのです。

 

このように、他車運転危険担保特約は、隠れてはいますが人間関係的に便利な特約なのです。

 

一度、自分の保険契約書を確認して、この他車運転危険担保特約が付いていることを確認しておくといいでしょう。