自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車任意保険と慰謝料

 

交通事故で人身事故を起こして、被害者にケガや死亡や後遺障害を発生させた場合には、被害者や被害者の遺族に対して慰謝料を支払わなければなりません。

 

通院や治療などの傷害慰謝料に関する自賠責保険の計算方法は、1日あたり4,200円と決められています。

 

治療が必要な日数に応じて、自賠責保険から支払われるのですが、自賠責保険の支払い総額が120万円までと決まっているので、それを超える分は、自動車任意保険から支払われます。

 

また、慰謝料の金額の計算方法についてはその基準となる、慰謝料算出表を基に計算されています。

 

ですが、この計算基準についてですが、法律上で慰謝料の基準金額が定められているわけではありません。

 

さらには、慰謝料の支払い額は被害者の社会的立場や住居地域によっても変わることがあるのです。

 

そして、自動車任意保険で慰謝料を支払う場合は、各々の保険会社が独自に定めた慰謝料基準表が使われているのです。

 

保険会社共通の慰謝料の基準というものはありませんが、保険会社でそれぞれ独自に自動車任意保険基準を設定していて、それに基づいて計算されるので、各々の保険会社で支払う慰謝料に違いが出てくるのです。

 

もし、交通事故で死亡事故を発生させた場合、慰謝料については、損害賠償として被害者本人の慰謝料と被害者の遺族に対しての、慰謝料の支払い義務が発生します。

 

死亡による全損害のうち、自賠責保険で3,000万円までが支払い限度額ですので、自動車任意保険はその3,000万円を超えた損害金額を慰謝料として支払うことになります。