自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

最低限入るべき任意保険

 

そもそも、自動車保険には、必ず加入しなければならない自賠責保険と、加入するかしないかは自分の任意で決められる任意保険と、大きく分けて2種類になります。

 

自賠責保険が強制加入なので、最低限入るべき任意保険というのはおかしな話ではあります。

 

ですが、なぜ、ここで、最低限入るべき任意保険というのか、ということです。

 

実は、自賠責保険の保険カバー範囲が狭いために、任意保険について考えなければならないのです。

 

自賠責保険は基本的に対人用の保険です。

 

交通事故を起こした場合に、事故の相手や自分の車の同乗者のみが対象範囲となるのです。

 

つまりは、対物や自分、そして自分の車は保険の対象とはならないのです。

 

さらに、対人部分についても、最近では、死亡事故では1億円以上となる賠償ケースもあることを考えると、自賠責保険は最高で1人3000万円までとなるために、お金が足らなくなる可能性が出てきます。

 

もし、自分が交通事故を起こして、相手を死亡させた場合に自賠責保険で足らない分は、自分で支払わなければならなくなるということです。

 

そのために、任意保険に加入したほうがいいわけです。

 

そこで、最低限入るべき任意保険はとなると、自賠責保険でカバーしていない部分や弱い部分からということになります。

 

まずは、対人賠償保険です。

 

そして、対物賠償保険と搭乗者傷害保険です。

 

これらは人様に迷惑を掛けないようにするための保険です。

 

自賠責保険では最低限の保険とは言えません。

 

これらの最低限入るべき任意保険には加入して、もしもの備えを万全にして、安全運転を心掛けましょう。