自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自賠責保険と罰金と点数

 

自賠責保険と罰金や点数については2つパターン考えられると思います。

 

自賠責保険に加入していない場合の罰金や点数がどうなるか、と、自賠責保険を使った場合の罰金や点数についてです。

 

まず、一つ目の自賠責保険に加入していない場合の罰金や点数についてです。

 

自賠責保険の加入は法律で義務付けられていますので、加入していない、又は、期限が切れている場合は、50万円の罰金または懲役1年以内の刑事罰、という非常に厳しい懲罰が科せられます。

 

さらに道路交通法違反の点数が6点となり、一発で免許停止処分となります。

 

また、自賠責保険の証明書を自動車屋やバイクに積んでいないと、それだけで30万円以下の罰金となってしまいます。

 

次に、自賠責保険を使った場合の罰金や点数についてです。

 

そもそも自賠責保険は「被害者救済」を目的としています。

 

事故に遭った被害者を守るための保険です。

 

そして、人身事故で罰金、罰則が科せられるのは基本的に「加害者のみ」です。

 

「双方が負傷した場合」には、双方に罰金、罰則が科せられる可能性もあります。

 

そして、事故の内容にもよりますが、基本的には罰金や減点などの行政処分と事故保障は別物と考えたほうがよいでしょう。

 

自賠責保険については保険屋さんが、罰金や減点については警察が判断するというわけです。

 

人身事故だと間違いなく「免停+6万円以上の罰金」になりますが、事故の報告は、保険屋さんにも警察にも正しく伝えるべきですので、仮に、自分が加害者だとしても、嘘を言うのはやめましょう。

 

後々、さらに面倒なことになる場合もあるからです。