自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自賠責保険の被害者請求

 

交通事故が起きた場合、自賠責保険を使うとして、その自賠責保険を加害者が請求するのか、被害者が請求するのか、という違いがあります。

 

自賠責保険は、道路を走っている自動車には加入が義務付けられている保険制度なので、もし、交通事故に遭ったら、まず、自賠責保険から保険金が支払われます。

 

ですが、加害者側の対応が悪く、損害賠償金を支払ってくれないとか、音信不通になってどこかに行ってしまったといった場合などには、被害者が、直接、加害者側の自賠責保険会社に保険金を請求できるのです。

 

そして、自賠責保険の限度額の範囲内で保険金が被害者に支払われます。

 

これが、自賠責保険の被害者請求なのです。

 

実際に自賠責保険の被害者請求の流れとしては、まず、被害者が、加害者側自賠責保険会社に請求書類一式を送付してもらいます。

 

そして、支払請求書と必要書類を自賠責保険会社へ送付します。

 

次に保険会社が、自賠責調査事務所へ調査を依頼し、自賠責調査事務所が損害額の算定を行い、保険会社へ通知します。

 

最後に、自賠責保険会社が請求者に賠償金又は保険金を支払うという流れです。

 

大体1ヶ月ほど時間がかかります。

 

通常の交通事故であれば、自賠責保険の被害者請求など必要ないのでしょうが、世の中、どんな人がいるかわかりません。

 

保険に加入しているから大丈夫ではなく、自分の加入している保険や保険制度事態についてもよく勉強しておくべきだと思います。