自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自賠責保険の保証外

 

自賠責保険にはほとんどの方が加入しているとは思いますが、あくまで自賠責保険は最低限の強制加入の保険ですので、保証外の項目もいくつかあります。

 

ここでは、自賠責保険の保証外について見ていきたいと思います。

 

まず、電柱やガードレールに自分で追突して起こした単独事故は、自賠責保険の保証外となります。

 

自賠責保険は、あくまで被害者を救済するための保険ですから。

 

自分自身のケガや自動車の修理代、電柱、ガードレールなどの物に対する修理代は保証外なのです。

 

無責事故も自賠責保険の保証外となります。

 

無責事故とは、100%被害者の責任で発生した事故のことです。

 

車同士の交通事故は、普通は双方に過失があることがほとんどで、一方の過失がゼロということはあまりありません。

 

ですが、この無責事故の場合は、100%の責任が加害者側にあるということで、相手車両の自賠責保険金の支払い対象にはならず、保証外となります。

 

基本的に自賠責保険は、最低限の補償をするための保険です。

 

例えば、最悪の場合、相手を交通事故で死亡させてしまったとして、5000万円の損害賠償が発生したとします。

 

自賠責保険の補償限度額が3000万円なので、それを越えた分の2000万円は、自賠責保険の保証外の範囲となってしまいます。

 

残りの2000万円を自分で用意することは、かなり厳しいと思います。

 

こういう時のためにも、自賠責保険だけでなく、任意保険にも加入することをオススメします。