自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自賠責保険と慰謝料

 

自賠責保険は強制保険なので、どの自動車も加入していることになっています。

 

自賠責保険は、自動車に掛けられる保険なので、自動車が事故にあって損害が発生した場合には、誰が運転していようとも、保険が支払われるのです。

 

この制度は、もし、無保険のドライバーの危険な運転によって事故に巻き込まれてしまう通行人や自転車などを守るための、国の法的保護でもあるのです。

 

もし、自動車が事故に遭い、傷害慰謝料が発生した場合には、自賠責保険を使ってどのような計算をして、いくら支払われるのかについて説明します。

 

自賠責保険には、支払い総額の上限が120万円までと設定されています。

 

事故に遭った場合には、任意保険を使う前にまず自賠責保険から支払いが行われます。

 

上限を超えて、自賠責保険では補いきれない部分について任意保険で補填するという形になります。

 

また、自賠責保険での後遺症による慰謝料については、上限が4000万円までと定められています。

 

そして、一番最悪な、できれば使わないでいたい、自賠責保険での死亡による慰謝料についてです。

 

交通事故で相手が死亡した場合、葬儀費や逸失利益、被害者および遺族の慰謝料が自賠責保険によって支払われます。

 

この場合の支払い限度額は3000万円です。

 

慰謝料が3000万円を越える部分については任意保険で支払われます。

 

死亡した場合の慰謝料が1億円を越えることもありますので、任意保険には、必ず加入することをおすすめします。

 

自分のためにも、相手のためにもです。