自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

エコノミー車両保険とは?

 

エコノミー車両保険とは、名前の通り一般車両保険のエコノミータイプの保険です。

 

簡単に説明しますと、「車対車」の事故(他車との事故)による損害の場合だけ、この保険で補償されます。

 

つまり自分で電信柱にぶつかった場合などは、この車対車特約で車を直すことはできません。

 

相手が車であり(二輪・原付は含む。自転車は含まない)、かつ事故の相手が特定できている場合のみ、保険金支払いの対象となります。

 

「事故の相手が特定できている場合」という条件があるため、相手が車でも、当て逃げなどで相手が特定されない場合はこの保険では補償されません。

 

保険料は3種類の中で一番安く済む反面、補償範囲は狭くなります。

 

エコノミーという言葉からもおわかりの通り、エコノミー車両保険の最大の特徴は一般の車両保険に比べて保険料が安いところです。

 

ただ保険料が安いのにはそれなりに理由があります。

 

つまり保険料を安くするために、補償の範囲について割り切っているのです。

 

一般的にエコノミー車両保険については、括弧書きで車対車+Aと付記されていますが、基本的に車対車の事故を補償するものです。

 

そして、これに+Aとして補償の範囲が拡大されています。

 

実は自動車事故の大半は車同士つまり車対車の事故なので、エコノミー車両保険で、事故による車両の損害のかなりの部分が補償されることになります。

 

これに+Aとして、火災・爆発、盗難、台風・洪水・高潮、騒じょう、物の飛来・落下、いたずら・落書き・ガラス破損の補償が追加されますので、実質的には補償されない場合について考えたほうが早いかもしれません。

 

(※詳細は各保険会社にお問い合わせください。)

 

それではエコノミー車両保険では補償されず、一般車両保険の補償の対象となる事故について考えてみましょう。

 

ここで真っ先に思いつくのが単独事故です。

 

崖からダイブしてしまうような大事故はもちろん、塀やガードレールに接触、車以外の物との接触が考えられます。

 

さらに、エコノミー車両保険でいうところの車対車の事故については、あくまでも相手の車および運転者または所有者が確認された場合に限って補償の対象となります。

 

当て逃げなどで相手がわからないような場合には、一般車両保険に加入していないと補償が受けられませんので注意しましょう。