自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

交通傷害相互保険とは?

 

 

自動車保険の任意保険には、いくつもの種類がありますが、 交通傷害相互保険は、その任意保険の中の一つです。

 

交通傷害相互保険は種類としては傷害保険に分類され、交通事故にあった時のケガや傷害に対して保険料が支払われるのですが、積立型損害保険ですので、掛けた保険金が戻ってくるというところが特徴的です。

 

この交通傷害相互保険は損害保険会社が取り扱っています。

 

交通傷害相互保険の補償範囲は交通事故と火災の場合のみと限定されています。

 

対象については、被保険者だけでなく、被保険者の家族を対象にすることもできるのです。

 

普通は、みなさん、家族も対象に加入されているようです。

 

やはり、家族を守るための保険だからです。

 

もし、火災に巻き込まれてしまったら、家族全員に危険が及びますからね。

 

交通傷害相互保険の保険期間は5年、10年、15年、20年とあり、この中から選択することになります。

 

交通傷害相互保険は積立型の保険ですので、保険期間が満期になるとお金が戻ってきます。

 

このお金は、保険期間に支払った相当額の100%、90%、80%、または死亡後遺障害保険金額と同額にすることもできます。

 

交通傷害相互保険は貯蓄性が高く、さらには節税対策にもなりますし、老後の年金代わりとしての意味もあります。

 

こういったポイントに価値を感じる方には、是非オススメしておきたい保険です。