自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

ドライバー保険とは?

 

ドライバー保険とは、名前の通り、ドライバーに付ける保険には間違いはありません。

 

ですが、ドライバー保険は、免許だけは取得しているが、自分の車は所有していないという人が、レンタカーや友人の車などを運転した時に起こした事故に対して補償をしてくれるという保険です。

 

もし、免許はあるけど車は持っていなくて、保険にも入っていなくて、友人の車を運転して事故を起こしてしまうと、友人の保険が使われてしまうのです。

 

その結果、友人は次回の保険料が上がってしまうわけです。

 

そうならないためにも、車のない人はドライバー保険に入っておきましょう。

 

ここで注意しておいてほしいことは、ドライバー保険は車に付ける保険ではなく、人に付く保険だということです。

 

基本的には一人一契約となり、家族の方には使えませんので、ご注意ください。

 

ドライバー保険は、他人の車やレンタカーで起こした事故を補償するのですが、会社で業務に使用した車や、同居の親族の所有している車などは補償対象外となりますので、気をつけてください。

 

ドライバー保険は一般の任意自動車保険と同様に、事故を起こさずに保険を使わなければ、割引されて安くなっていきます。

 

もし、ドライバー保険に加入している人が車を買った場合に、ドライバー保険から一般の自動車保険に移った場合は、ドライバー保険の割引を引き継ぐことはできません。

 

ただし、最近では、三井ダイレクト損保の自動車保険など、一部の自動車保険でドライバー保険の割引を新規の自動車保険に引き継ぐことができるようになってきました。

 

詳しくは各自動車保険会社で確認しましょう。