自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

BAP(一般自動車保険)とは?

 

BAPとは、「Basic Automobile Policy」の略で、頭文字を取ってBAP(一般自動車保険)と呼びます。

 

SAP(自家用自動車総合保険)や、PAP(自動車総合保険)がセット商品なのに対して、このBAPは、加入者自身が自分の加入したい保険を選んで加入することができるので、まさにバラ売りタイプの自動車保険と言えるでしょう。

 

ただし、BAPは、基本契約として、対人賠償保険には必ず加入する必要があります。

 

対物保険や搭乗者傷害保険などは、個別に加入する形になってます。

 

そして、対人賠償保険に加入することで、自動的に自損事故保険も付いてくるようになっています。

 

BAPは、SAPと違って、全ての車種で契約できるのですが、示談交渉サービスは一切付いていないので注意が必要です。

 

SAPやPAPだと保険料が高いので、対人賠償保険や対物保険だけに加入して、最低限他者に対しての自分の賠償責任だけは果したい、というようなドライバーにはオススメできる自動車保険です。

 

ですが、このように、BAPは、補償内容が十分な自動車任意保険とは言えません。

 

販売用自動車、未登録車など、特殊な事情でない限り、一般のドライバーにはオススメできない任意自動車保険です。