自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

PAP(自動車総合保険)とは?

 

PAPとは、英語で「Package Automobile Policy」の頭文字を取ってPAP(自動車総合保険)と呼びます。

 

PAPは、、対人賠償・対物賠償・搭乗者傷害・自損事故・無保険車傷害がセットになった自動車総合保険です。

 

PAPの最大の特徴と利点は、対人事故の示談交渉を自動車保険会社が行ってくれるというところです。

 

ただし、対物事故の示談交渉は、自動車保険会社は行っていないそうなので、注意が必要です。

 

さらに、無保険車傷害保険の補償範囲が、SAP(自家用自動車総合保険)よりも狭くなってしまうことにも注意しておきましょう。

 

また、PAPには、付帯契約として、車両保険を付けることができるようになっています。

 

車両保険はオプションということなのです。

 

その分が、SAPよりも保険料が安くなるというわけです。

 

乗っている車が安い中古の場合や、購入後、長い年数が経過している車に乗っている人には、メリットがある自動車保険だと思います。

 

PAPには、必要であれば、任意で人身傷害保険を追加で契約することもできます。

 

PAPは、営業用のトラックやバイク等も含めて、全ての自動車が加入できるとところがポイントです。

 

SAPは、営業用のトラックやバイクは加入できません。