自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

SAP(自家用自動車総合保険)とは?

 

SAPとは何かわかりますか?

 

SAPとは、英語で、「Special Automobile Policy」の頭文字を省略されていて、自家用自動車総合保険のことを言います。

 

PAP(自動車総合保険)にさらに車両保険をセットにした自動車任意保険のことです。

 

SAPの特徴としては、対人賠償保険、対物賠償保険、無保険車傷害保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険、車両保険の6つの自動車任意保険がセットになっていることです。

 

もともとPAPでは対象外だった対物事故の場合の示談交渉も保険会社が行ってくれるので、無保険車傷害保険の補償範囲が、PAPに比べ広くなるのです。

 

SAPは、普通乗用車・小型乗用車・軽四輪乗用車・小型貨物車・軽四輪貨物車の5車種が対象となります。

 

大型車や特殊車両は対象外ですのでご注意ください。

 

また、人身傷害保険はついていませんが、任意で加入することができます。

 

SAPは、補償内容やサービス内容は言うことなし、文句なしに素晴らしいのですが、当然、それに見合った高い保険料が必要となります。

 

また、6つある各保険のそれぞれの補償限度額は、決まっている金額の中から自分でチョイスする仕組みになっています。

 

SAPは、自動車保険により完全なる安心を求めるドライバーにとっての切り札とも言える自動車保険です。