自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

リスク細分型保険とは?

 

最近のダイレクト型保険は安さを売りにしていますが、その安さの秘密がリスク細分型保険だったりもします。

 

ここでは、そのリスク細分型保険について説明していきます。

 

もともと自動車保険は、ドライバーのリスクに応じて区分し、その上で、リスクの少ない契約者の保険料は安くして、リスクの高い契約者にはそれに見合った保険料を支払ってもらうというのが保険のシステムとなっているのです。

 

こうしたリスクをこれまで以上に細かく分けて保険料を算出する保険を、リスク細分型保険と言ってます

 

自動車保険の自由化前も車種やドライバーの年齢、事故歴などによって保険料には差がつけられていましたが、保険基準の自由化以降、外資系の参入やダイレクト型の自動車保険の普及により、さらに細分化されたというわけです。

 

最初の頃は、外資系損保会社の代名詞のようでしたが、最近では、国内の損保会社でもリスク細分型の自動車保険が一般的となっています。

 

ここで落とし穴があるのですが、頻繁に流れているCMを見ていると、リスク細分型保険は保険料が安いというイメージを持ってしまいます。

 

逆に、事故率の高い区分に属したドライバーは、保険料がこれまで以上に高くなる可能性もあるのです。

 

事故を起こしやすいドライバーの保険料を下げても、自動車保険会社が自らの首を絞めることになるだけです。

 

ですから、ここは注意してください。