自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

車両保険とは?

 

車両保険は、自動車保険の中でもかなりメジャーな保険です。

 

車両保険は、簡単に言うと、自分自身の車に対する保険のことです。

 

対人賠償保険や対物賠償保険が相手に対する保険、搭乗者障害保険や人身障害補償保険や自損事故保険や無保険者障害保険が、自分や同乗者のケガに対する保険だったのに対して、この車両保険は自分の車自体に掛ける保険ということになります。

 

車両保険は、事故によって契約している車が壊れたり損害を受けたりしたときに、修理代が支払われる保険です。

 

車両保険の保険金額は、対人賠償保険や対物賠償保険のように、自分で保険金額を設定することはできません。

 

所有している自動車の価格に見合った保険金額の範囲内での、自動車保険への加入となるのです。

 

具体的には、契約する車両の年式や種類による車両価格によって、保険会社が設定するのです。

 

また、車両保険の保険料は、交通事故を起こしやすいスポーツカーや、修理費が高くつくような高級外車は高い保険料を支払う必要があります。

 

逆に、事故を起こしにくい車や修理費が安く済む軽自動車等は保険料が安くなります。

 

車両保険が必要かどうかを考えてみると、車両保険は、自分の車の損害を補償してもらえる保険なので、自分の車の保障はいらないという人は、特に無理して車両保険に入る必要もないと考えることができます。

 

特に安い中古車を購入した場合は、車両保険による補償金はたかが知れてますので、加入しない方も多いようです。