自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

人身傷害保険とは?

 

自動車保険の中身には色々な保険があるのですが、人身傷害保険は少しマイナーな保険です。

 

ですが、知っておいたほうがいいと思いますので、ここで、人身傷害保険について説明していきます。

 

人身傷害保険は補償対象の人が自動車に乗っているときや、車に乗っていなくても歩行中に事故でケガや死亡したときに、保険金が支払われるという自動車保険です。

 

人身傷害保険は、搭乗者傷害保険と似ていますが、補償額や補償範囲が幅広くなっているところが特徴です。

 

また、人身傷害保険は保険をかけていない、例えば、他人の自動車に乗っているときでも、補償の対象になるのです。

 

そして、人身傷害保険は、事故の過失割合に関係なく、損害が補償されるところが特徴です。

 

人身傷害保険は、不注意でガードレールにぶつかったなど、相手のいない単独事故の場合も損害が補償されるのです。

 

また、事故に遭った場合、普通は相手方と示談が成立しないと保険金を受け取れないのですが、人身傷害保険の場合は、示談の成立前でも保険金を受け取ることができるというメリットがあります。

 

人身傷害保険は自分の過失割合に関係なく、実際に治療にかかった費用の支払いが補償されて、さらに補償範囲が広いという、まさに完全補償ともいえる保険です。

 

ドライバーにとても安心感がある保険と言えるでしょう。

 

ただし、人身傷害保険にケチをつけるとすれば、毎月支払う保険料がかなり高額になってしまうということです。