自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

無保険者傷害保険とは?

 

初めて無保険者傷害保険という言葉を知った方もいるかもしれません。

 

ですが、無保険者傷害保険は自動車保険の中でも大事な保険なのです。

 

ここでは無保険者傷害保険について説明していきます。

 

無保険車傷害保険とは、交通事故を起こして後遺傷害を負ったり死亡してしまった場合に、もし相手が無保険車で賠償金の支払能力がなかったときに、相手が負担するべき損害賠償の不足分を自分が契約している対人賠償保険と同じ額の範囲内で補償する自動車保険なのです。

 

実は、街中を走っている自動車の約15%は任意保険の対人賠償保険に加入していないという数字が出ています。

 

これは恐ろしいことです。

 

なぜならば、もし交通事故に遭ってケガをしたり、最悪死亡してしまった時に、相手の10人に1人は対人賠償保険に加入しておらず、損害賠償金を支払う能力がないということなのです。

 

実際は、強制保険である自賠責保険で損害賠償金は支払われるのですが、自賠責保険の範囲は最高でも4000万円なのですから、これを超える分に関しては補償が受けられないというわけです。

 

ですから、こういった場合に備えて無保険車傷害保険に加入しておくといいでしょう。

 

無保険車傷害保険の注意点としては、無保険車傷害保険は、後遺障害や死亡した場合にのみ適用されるということです。

 

完治するケガの場合には適用されませんのでご注意ください。