自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

搭乗者傷害保険とは?

 

自動車に乗る場合、一人で乗ることが多い方でも、休みの日には家族や友人など、複数の方を自動車に乗せることもあるでしょう。

 

搭乗者傷害保険は、ドライバーのみならず、ドライバー以外の搭乗者に対しても補償する損害保険なのです。

 

搭乗者傷害保険は、対人賠償保険とは違い、同乗者が運転者の家族や、友人知人であっても誰でも対象になるのです。

 

つまり、運転する自動車に搭乗者傷害保険をかけておけば、その自動車に乗っている全ての人に対して、補償が受けられる保険だということです。

 

搭乗者傷害保険が受けられない場合としては、飲酒運転や無免許運転やトラックの荷台に乗っていたなどの違法な乗り方をしていた場合には保険金は支払われませんのでご注意ください。

 

また、搭乗者傷害保険は、加害者からの損害賠償金、自賠責保険、各種傷害保険などとは関係なく支払われますので、請求した場合は比較的簡単に保険金の支払が行われるのが特徴です。

 

ですから、実際に事故に遭った場合、相手の保険でこちらの治療費をまかなえる場合、自分の加入している保険は使わないという人もいますが、乗車中にケガをしたら積極的に搭乗者障害保険を請求してみてもいいでしょう。

 

搭乗者傷害保険と似たような保険で、人身傷害補償保険がありますが、この自動車保険は、より補償の内容が広いですので、人身傷害補償保険を検討してみるのもいいでしょう。