自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

対物賠償保険とは?

 

自動車保険の中身は色々ありますが、大きく分けると、対人賠償保険と対物賠償保険とに分けることができます。

 

対人賠償保険は人にケガをさせたり死亡させてしまったりした場合の自動車保険ですが、対物賠償保険は、文字通り「物」に対しての自動車保険なのです。

 

ここでいうところの対物の意味ですが、これを勘違いしていると大きな損失に繋がりますので、よく理解しておいてください。

 

対物賠償保険は、他人の所有物である「物」を壊して被害を与えた場合に発生する損害賠償に対して支払われる保険なのです。

 

自動車保険の加入者本人とその家族の所有物は、補償の対象外となっているところを理解しておいてください。

 

例えば、自宅での車庫入れの時に自宅の壁や柱を壊したり、車庫に停めてあった自転車やバイクを破損させた場合は対象外になります。

 

対物賠償保険が適用される主な例は、他人の車との衝突、ガードレールや電柱への衝突、建物への飛び込みによる商品や製品の破損の補償及び休業補償などがあります。

 

ここでのポイントは、対物賠償保険は、単に事故によって破損させたものだけではなく、休業補償のように賠償責任をカバーする自動車保険だということです。

 

営業規模の大きな工場や店舗への飛び込みは被害額が大きいことが予想されます。

 

実例として、1億円を超えたこともあるようです。

 

対物賠償保険には500万円や1000万円、無制限など、いくつかの補償限度額の中から選べますが、基本的には無制限に加入しておいた方がいいでしょう。