自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

カウント事故とは?

 

事故は事故なのですが、ここでのカウント事故とは、自動車保険用語で、自動車保険の範囲の中でカウントされる事故のことです。

 

カウント事故は、自動車保険において、等級据え置き事故やノーカウント事故以外で保険金を請求した事故のことをいいます。

 

カウント事故では、翌年のノンフリート等級が事故1件につき3等級下がり、自動車保険料金が上がります。

 

具体的には、事故が発生し、対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険、自損事故保険、無保険車傷害保険等を利用した場合にカウント事故として扱われます。

 

当然、これらの保険を請求しなければ、保険会社はカウント事故としては認識されず、翌年のノンフリート等級は上がり、保険料金も安くなるのです。

 

カウント事故とは反対に、ノーカウント事故という事故もあります。

 

ノーカウント事故とは、自動車事故を起こして保険金が支払われても保険事故としてカウントされない種類の事故のことです。

 

ノーカウント事故は事故件数には数えませんので、保険を使った場合でも翌年のノンフリート等級には関係なく、事故を起こさなかった場合と同じように、1等級上がり、自動車保険料が安くなります。

 

もう一つカウントされない事故に、等級据え置き事故があります。

 

等級据え置き事故と認定されるのは、火災や台風、爆発や落下物などの損害で車両保険を請求した場合です。

 

事故が起きた場合に、カウント事故なのかそうでないのかは保険会社が判定しますので、自分では判断せずに、まずは、保険会社に問い合わせをしてください。