自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険における免責とは?

 

まず、免責の意味ですが、責任を免れるということです。

 

これは、自動車保険加入者の私達が責任を免れるという意味ではなく、保険会社が保険金の支払いの責任を免れるという意味なのです。

 

自動車保険における免責とは「保険会社としての責任を免れる」ということです。

 

免責金額というのは、その場合には決められた金額までは自己負担であって、それを超えた部分は保険で支払われるということなのです。

 

例えば、対物事故を起こしてしまい、自分の自動車保険から相手に支払う損害額が50万円で、免責金額が5万円の場合、保険会社からは50万円から5万円の免責金額を引いた45万円の保険金が支払われます。

 

同じように、車両保険金が支払われる車両事故で自分の車の損害額が80万円、免責金額が10万円の場合、保険会社から70万円の保険金が支払われます。

 

この場合、軽い事故などの、事故による損害額が免責金額の範囲内の場合は、保険金の支払いはありません。

 

ここでのポイントですが、自己負担の金額である免責金額が大きければ大きいほど、自動車保険料は安くなるということです。

 

また、自動車保険には、免責事由といって、ある特定の条件下における事故に関しては、保険会社が保険金を支払わない場合があります。

 

自動車保険の免責事由の一番簡単な例が、飲酒運転です。

 

飲酒運転していて交通事故を起こした場合、この事故によって引き起こされた全ての損害に対し、保険会社は保険金を支払いません。

 

他にも、自動車保険の免責事由の例としては、無免許運転、使用人の故意による事故など、保険契約者側にに大きな責任がある事故の場合は、保険会社は保険金を支払いません。

 

免責の詳細については各保険会社に確認しておきましょう。