自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

ノンフリート等級とは?

 

自動車保険は、車の所有台数9台以下の人に適用されるノンフリート契約と、10台以上のフリート契約とに分けられます。

 

ノンフリート等級とは保険料金を決定める要素のひとつになるものです。

 

契約前年度の保険金の支払いのあった事故の有無によって等級が増減していきます。

 

ノンフリート等級は、1〜20等級まであり、等級が上がるごとに割引率が高く、保険料も安くなっていきます。

 

自動車保険は毎年事故なしで更新していけばいくほど保険料の割引率が上がるようになっているのです。

 

新規契約の場合はノンフリート等級は6等級からとなります。

 

1年間無事故の場合、次年度契約時に1等級上がり保険料が割引となります。

 

反対に事故を起こしてしまうと次年度契約は3等級下がり、保険料が割増になってしまいます。

 

例えば6等級の人が1年間事故なしで自動車保険を更新契約すると7等級になります。

 

逆に事故を起こすと3等級に下げられるというわけです。

 

自動車保険のノンフリート等級における事故は「件数」についてカウントするので、支払った保険金の額には関係ありません。

 

1件の事故に保険金を1億円払っても、1万円払ったとしても「1件」ですので、何件事故を起こしてもノンフリート等級がいきなり3等級以上下がるというようなことはありません。

 

もし、交通事故を起こし、保険を請求した場合には、ノンフリート等級は下がります。

 

しかし、保険会社が指定している保険のみを請求した場合には等級を下げないことも可能なのです。

 

ノンフリート等級による保険料の設定は各保険会社で異なりますので、確認してみるとよいでしょう。