自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

料率クラス(車両料率クラス)とは?

 

料率クラス(車両料率クラス)とは、自動車保険の任意保険の中にある車両保険を決める要素の一つとなっています。

 

車両保険といえば、保険料の高さがネックとなって、任意保険の中でも保険加入率が低いのですが、車両保険の保険料は、料率クラス(車両料率クラス)で大きく増減するのです。

 

料率クラスというのは、各車種や各グレードによって、事故率や修理代金などを考慮して、車両保険を掛ける場合に、基本的なクラス分けがなされているのです。

 

料率クラスでは、1〜9までの段階に車を区分しています。

 

数字が上がるクラスほど車両保険の保険料は値上がりし、交通事故を起こしにくく修理費が安く済むとされる軽自動車やファミリーセダンは低いクラスとなっています。

 

交通事故を起こしやすいスポーツカーや、修理費が高くなってしまう高級車・外国車は高いクラスとなっています。

 

極端な例ではありますが、車両クラス9の車を持っている人は、車両クラス1の車を持っている人の約4倍もの保険料が必要となるようです。

 

料率クラスについてのポイントですが、その車種の事故率も大事な要素だということです。

 

車両価格が50万円の自動車でも、その車種の事故率が高いと、車両保険の料率が高級車のフェラーリと一緒だなんていう例もあります。

 

自動車の購入を考える時に、車両保険の料率クラスを意識して、クラスの低い車種を選ぶという考え方もありだと思います。