自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

全損と分損

 

交通事故にあって、自動車が破損した場合に、その破損程度によって、大きく二つに分類することができます。

 

全損と分損がそれです。

 

全損とは、車の損傷を修理することが不可能な場合、または、修理費が時価額を上回る場合をいい、時価額がそのまま損害額となります。

 

時価額とは、同一車種・同年式・同程度の消耗度の車の市場販売価格相当額で、まったく同じ自動車を購入するといくらになるかという目安になる金額のことです。

 

また、全損にも、物理的に修理不可能な損傷を物理的全損といいます。

 

それに加えて、修理するよりも買い換えたほうが経済的だという場合は経済的全損といいます。

 

分損とは、修理費が時価額を下回る場合をいい、修理費がそのまま損害額となります。

 

また、古い車の場合は、評価額が低く、少しの修理でも、部品調達が困難などの理由から、すぐに評価額を超えてしまうことがあります。

 

修理して乗ろうとしても分損としての修理が認められないということです。

 

このような事例は意外にも多く、例えば修理費用に30万円掛かるとして、車両の時価額が20万円しかない場合などでは、いくら被害者の強い修理の希望があっても、分損として賠償請求できず、全損としての時価額の20万円までということになります。

 

また、全損として自動車保険会社に自動車を回収された場合には、部品取りとして使えるような破損していないパーツごと全損の対象になりますので、高価なパーツは返ってこないと考えたほうがいいでしょう。