自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

重度後遺障害とは?

 

重度後遺障害とは、交通事故による障害で、文字通り重度の後遺障害です。

 

重度後遺障害は交通事故による後遺障害の中でも、特に障害の重いもので、当然損害賠償額も大きくなります。

 

具体的に、重度後遺障害とは、両眼失明、片腕や片足を、ひじ関節以上で失ったなどの身体の著しい障害、咀嚼または言語機能の全廃など、かろうじて命を取り留めたたような、一歩間違えば死亡寸前の障害の場合に認定されます。

 

交通事故の慰謝料の中では、死亡慰謝料がもっとも高額であると思われがちなのですが、交通事故の内容などによっては、重度後遺障害になった場合には、死亡補償額と同等、またはそれ以上の補償額が支払われる場合も多いようです。

 

通常、死亡慰謝料の基準額は2000万円〜2800万円程度とされています。

 

後遺障害慰謝料は第2級で2370万円、第1級で2800万円となっています。

 

実際は後遺障害慰謝料が死亡慰謝料の金額を超える場合があります。

 

裁判の判例では、近親者の慰謝料も加算すれば、第1級の後遺障害で、3500万円を超える金額が認められることもあるようです。

 

激しい交通事故に遭っても何とか生き延びたとしても、重度後遺障害に悩まされ、その後何十年も生きていくというのは非常に苦しいものだと思います。

 

それに、周りの親族や介護する人の苦労も考えると、重度後遺障害の慰謝料が高額になるのも納得できる話ではあります。