自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

内払金とは?

 

内払金とは何かわかりますか?

 

内払金をもらったことがある人にはわかるとは思いますが、そういう人は交通事故に遭ったことがある人なので、多くの人はよくわからない言葉だと思います。

 

内払金とは、交通事故に遭った時に、加害者または被害者が、その交通事故による傷害やケガに限ってのみ支払われるお金です。

 

内払金は、ケガの治療や入院が長引いた時などに、その損害額が10万円を超える度に、10万円単位で請求できます。

 

自動車保険が支払われるまでの治療費用が高くなると、生活的にも厳しくなることが予想されます。

 

そのため、一時的な救済措置として内払金という制度が設けられているのです。

 

内払金は、自賠責保険の傷害の支払い限度額120万円を限度として、何度でも支払われます。

 

そして、損害賠償額が確定したときには、支払われた内払金は控除されるようになっています。

 

内払金は何回でも請求できますが、その度に診断書料金などもかかってきますので、まとめて請求した方がいいでしょう。

 

診断書も3000円から5000円くらい掛かりますので、回数が多いとかなりの金額になるからです。

 

また、内払金が請求できない場合は、被害者が亡くなっていたり、後遺障害のある場合です。

 

この場合は、仮渡金が支払われます。

 

仮渡金は死亡時や傷害を受けたときに適用され、死亡時は290万円の仮渡金が支払われます。

 

実際の内払金の請求に必要な書類としては、交通事故証明書・印鑑証明書・診断書・診療報酬明細書(レセプト)・休業損害証明書となっています。