自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

示談交渉とは?

 

交通事故に遭った場合、相手側との話し合いを示談と言い、そのやり取りのことを示談交渉と言います。

 

実際に示談交渉をする時は、どのように進めたらいいのでしょうか。

 

示談交渉では、交通事故が発生したとき、誰がどのような賠償を行うのか、その具体的な内容を被害者と加害者とで、言い換えると、賠償を請求する側と賠償金を支払う側とで話し合いをして解決へと向かわせます。

 

この示談交渉を私達のような素人が行うのは簡単ではありません。

 

やはり人間ですから、感情的な問題もありますし、交通事故の専門的な知識がないまま示談交渉してしまうと、交渉が難航したり、実際の過失割合より不利な状況になることも考えられるのです。

 

示談交渉が長引き、まとまらない場合は裁判所の調停や裁判まで持ち越してしまう場合もあるのです。

 

やはり、示談交渉を全て自分で行うのは大変です。

 

例えば、自分が被害者の場合、加害者側の自動車保険会社の代理人が示談交渉にやってくることになるとします。

 

相手は示談交渉のプロでもありますし、少しでも支払いを低く抑えようとしてきます。

 

こういうプロの方と示談交渉するのは、やはり問題があります。

 

当然、こちらも示談交渉のプロにお願いしたほうがいいわけです。

 

ですから、自動車保険に加入する場合、交通事故に遭った場合の示談交渉をお任せできるかどうかを確認しておくことが大事だと思います。