自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

交通事故証明書とは?

 

文字通り、交通事故を証明するものですが、交通事故証明書とは、交通事故が起きたときに、警察に届出をして、その事実が確認された交通事故について警察が証明する文書です。

 

交通事故証明書には、事故の発生日時、発生場所、当事者の住所・氏名、車種、車両番号、自賠責保険の契約保険会社名、証明番号、事故の類型等が記載されています。

 

交通事故証明書は、交通事故が起きた場合の相手方と損害賠償額について裁判になってしまった場合や、保険会社に保険金を請求する場合に必要となってきます。

 

交通事故が起きた場合、程度が軽い事故ならば、双方の話し合いで終わりにしてしまおうということもあるかと思いますが、後々、後遺症や新たな被害が発見される場合もあります。

 

交通事故証明書が発行されるためには、交通事故の発生を警察に届け出ている必要があるのです。

 

事故の直後でなくとも、警察に届け出ることは可能なのですが、事故直後に双方が事故現場にいるうちに警察に通報した方が事故の発生が明らかとなり、後々揉めることを防ぐことができます。

 

ですから、もし、交通事故が起きた場合には、車がへこんだくらいのほんの小さな事故でも、すぐに警察に届け出ましょう。

 

実際に、交通事故証明書は、自動車安全運転センターが発行します。

 

まず、警察署の窓口等で、振込取扱票を交付してもらいます。

 

次に手数料を添えて郵便振替か、自動車安全運転センター事務所の窓口に直接申し込みます。

 

交通事故証明書は、2週間程度で申請者に郵送されるか、自動車安全運転センター事務所で直接渡してもらえます。