自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

休業損害とは?

 

休業損害と同じような項目に逸失利益がありますが、逸失利益は後遺障害が残ったときや死亡時に発生する特別な損害となります。

 

休業損害は、交通事故によるケガや通院などで働けなくなったため、得られなかった所得のことです。

 

休業損害は、ケガの場合だけでなく、もし、死亡しても、事故から死亡までに日数があるときは対象となり発生します。

 

ひとことで休業損害といっても、計算方法にいろいろなパターンがあります。

 

サラリーマンの休業損害は、事故前三ヶ月間の収入を90で割って一日当たりの賃金額を計算します。

 

これに休業日数を掛けると休業中の賃金が出ます。

 

また、ボーナスの減少分も休業損害として請求が可能です。

 

事業所得者、いわゆる経営者の休業損害は、事故前年の所得税確定申告所得額を基準に算定します。

 

確定申告所得額を365で割れば日給が計算できるので、これに休業日数を掛けると休業中の賃金が出ます。

 

以外にも、専業主婦や失業中の人の場合でも、休業損害は認められるようです。

 

そして、学生の場合でも、多くの方がそうだと思いますが、アルバイトを行っている場合など、現実の収入が認められれば、就労できなかった期間についての休業損害が認められるようです。

 

実際に交通事故に遭わないのが一番なのですが、もしそうなった時のために、休業損害について覚えておくといいでしょう。