自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

仮渡金とは?

 

仮渡金は自動車保険用語ですが、関係のない人にはまったく聞いたことのない言葉かもしれません。

 

仮渡金とは、交通事故に遭って、入院や休業を余儀なくされ、収入がストップする場合がありますが、そのような時に給料の前借的な意味合いのある請求方法です。

 

仮渡金請求は被害者からのみ、一回だけ請求が可能です。

 

通院や入院している病院に、仮渡用の診断書を作成してもらい、請求書と一緒に保険会社に提出すると、1週間程度で支払われます。

 

仮渡金の金額は、死亡の場合は290万円で、障害や後遺症が残る場合は、その程度に応じて40万円、20万円、5万円が支払われます。

 

仮渡金は、後日の損害賠償額などの請求時に支払決定額から控除されますので、 最終的な確定額が支払済の仮渡金よりも少ない場合には、差額を保険会社に返還しなければなりません。

 

さらに、加害者側に損害賠償責任がないと判明した場合には、支払済の仮渡金を保険会社に全額返還しなければなりません。

 

あくまで、仮なのが仮渡金です。

 

仮渡金の請求を受けた保険会社は、即刻支払わなければならないことになっています。

 

しかし、近年ではこの仮渡金の制度を悪用し、仮渡金を不正に受け取る事件も発生しているようです。

 

こういった事件をふまえて、医師が簡単には仮渡用の診断書を書いてくれなかったり、保険会社も、仮渡金額を5万円と20万円とに低く限定している場合もあるようです。

 

どちらにしろ、仮渡金の制度は、現実的には時間がかかるであろう保険会社を通した保険金についての、救済措置として有効な制度であるといえます。