自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

過失割合とは?

 

ここでは自動車事故の過失割合についてですが、まず、過失とは、一般的には、自動車の運転者の不注意のことを意味します。

 

また、自転車や歩行者においても過失は存在します。

 

交通事故が起きた場合、普通に交通規則を守っている者同士なら、交通事故は起こらないはずです。

 

それが、なぜ、交通事故が起きてしまったのか。

 

それは、どちらか、または両者に過失があるからです。

 

起きた交通事故の損害賠償をするために、原因である過失がどうだったかを分析して、過失割合が出されます。

 

例えば、信号待ちで停止していたら、いきなり後ろから追突された、というような場合は、加害者側に100%の過失があります。

 

過失割合は100:0となります。

 

次に右直事故です。

 

信号が青の交差点で直進車と右折車の事故の場合、直進車の過失:右折車の過失割合は30:70となります。

 

次は一時停止違反です。

 

道路を直進している車と、一時停止違反をした車の事故の場合、直進車の過失:一時停止違反車の過失割合は20:80となります。

 

次は車線変更時の事故です。

 

片側2車線の道路で左側の走行車線を直進している車と右側の追い越し車線から左側の車線に車線変更をしてきた車の事故の場合、直進車:車線を変更した車の過失割合は20:80となります。

 

このように、両方が動いている場合は、必ず両方に過失があり、交通規則を守らない側やスピードが出ている側の過失割合が大きくなることになっているようです。