自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

逸失利益とは?

 

わかりやすく、交通事故に遭ったときの自動車保険の場合の逸失利益について考えてみましょう。

 

逸失利益とは、もし被害者が事故に遭わなければ、これから先、当然得られたであろうと予想される利益のことをいいます。

 

交通事故に遭った場合、後遺症が残るような事故もあれば、被害者が死亡してしまうような事故もあります。

 

逸失利益としてよく考えられるのは、死亡した場合です。

 

逸失利益の計算式は、以下のようになります。

 

基礎収入(年収)×(1−生活費控除率)× 就労可能年数に対応する中間利息控除係数

 

もし、被害者が生きていれば稼げたであろう収入の総額から、生活費を控除し、利息分を割り引いた金額、という考え方です。

 

この場合、サラリーマンは計算しやすいのですが、会社経営者や自営業の方ですと、不確定要素が多くて計算が難しくなります。

 

そのために、色々な資料が必要になってきます。

 

実際に逸失利益を計算するときは、保険会社は全く関係のない数値を主張してみたり、間違えた、と言って数字を変えたりすることがあるようです。

 

保険会社も仕事ですから、少しでも逸失利益を少なくしたいわけです。

 

ですから、もし、実際に自分や家族が交通事故に遭って、逸失利益を計算する場合には、保険会社に正しい指摘と主張をするべきです。