自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険の一括払制度とは?

 

自動車保険の一括払制度について考えてみましょう。

 

もし、交通事故に遭ってしまって自動車保険を使うことになった場合、自賠責保険と任意保険と2つの保険はどのように支払われるのでしょうか。

 

自賠責保険と任意保険とを別々に手続きしていると時間がかかります。

 

そのために、自動車保険の一括払制度があるのです。

 

自動車保険の一括払制度とは、自動車保険・自賠責保険への二重の保険金請求手続きを簡便化し、保険金の支払を迅速・確実に行って被害者を救済するために設けられた保険制度なのです。

 

通常、任意保険である対人賠償保険に加入していて、対人事故を起こした場合には、まず自賠責保険から支払われます。

 

ですが、自賠責保険の補償金額金額は必要最低限の金額でしかありませんので、不足分を対人賠償保険から支払うことになります。

 

こうなると、「自賠責保険」と「対人賠償保険」の2つの保険金請求手続きをすることになるので、時間も倍かかります。

 

被害者としては少しでも早く保険金を支払ってもらわなくては、自分の治療費や通院費が支払えなくなってくる場合もありますので、自動車保険の一括払制度によって、2重の保険金請求手続きを簡略化し、保険金の支払いが迅速に行われるというわけです。

 

自賠責保険と任意保険、それぞれが異なる保険会社加入している場合でも、任意保険の対人賠償保険金の支払いが可能であることを条件に、任意保険を引き受けている側の自動車保険会社から、自賠責保険と任意保険の両保険の保険金が一括して支払われるのです。