自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険の代理店と直営店の違いとは?

 

自動車保険の代理店と直営店の違いとは何でしょうか?

 

普通、自動車保険を選ぶ時、自動車保険会社はどれにしようか迷いますよね。

 

その中で、あまり気にしないのが、代理店と直営店という言葉です。

 

まず、代理店の意味ですが、ある商品を販売している企業の代わりにその商品サポートを行う店で、ある一定の条件で企業に対して保証金を支払い、名前を借りている店という意味です。

 

次に、直営店の意味ですが、本社が直接その店舗を運営していてオープンした後も本社が直接面倒を見てくれるという意味です。

 

実際の自動車保険の代理店と直営店についてですが、基本的に、自動車保険の契約は、代理店扱いとなります。

 

自動車保険会社と直接契約を結ぶことができるのは、外資系に多く見られるようなダイレクト系のみとなります。

 

そのダイレクト系でも、実際に事故が起きた場合の対応は、代理店経由となります。

 

ですから、自動車保険は、代理店がどのような代理店であるかのほうが大事になってきます。

 

自動車保険で大切なことは、保険料はもちろんですが、実際に事故が起きた後の対応についてです。

 

経験豊かで、商品知識も事故処理のノウハウも兼ね備えた一流の代理店と契約すればよいのですが、どの代理店がいいのかは、我々素人ではわかりません。

 

自動車保険を選ぶ時の最後のポイントとして、契約する代理店の方と、よく話しをして、この代理店なら信頼できると思えるような代理店と契約しましょう。