自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自賠責保険と任意保険の関係とは?

 

自賠責保険と任意保険の関係とは、どうなっているのでしょうか。

 

一般的には、自賠責保険と任意保険を合わせて自動車保険といっています。

 

細かい違いまで説明できる方は専門家、それこそ自動車保険を扱っている方でなければ、なかなかいないのではないでしょうか。

 

自賠責保険は自動車損害賠償保障法によって加入が義務づけられている保険です。

 

任意保険は言葉の通り任意で入る保険です。

 

任意保険の加入には自賠責保険の加入が条件になりますので、任意保険だけ入って自賠責保険には入らないということはできません。

 

また、保険金の支払われ方については、人身損害については、自賠責保険がまず適用され、任意保険は自賠責保険の上乗せとして二次的に適用されるのです。

 

つまり、自賠責保険は最低限の保険なので、それで足りない分を任意保険でまかなうという形となっているのです。

 

ですから、自動車保険は自賠責保険と任意保険の二つで合わせて自動車保険と考えたほうがいいでしょう。

 

実際に交通事故で相手を死亡させたり、後遺症を残させたりした場合は、治療費や保障額が高額になってしまい、時には数億円に達することもあります。

 

そうなれば、個人では負担できなくなる場合があります。

 

そういう場合に自賠責を超えた賠償に備えて任意保険に加入しておくのです。

 

任意保険は強制ではありませんが、必ず必要と言えるでしょう。

 

任意保険は、ドライバーの最低限のルールとして加入しておくべきものです。

 

自分の人生だけではなく、相手の人生も大きく狂わせてしまう可能性もあるわけですから、万が一の時のことを考えて備えておくのに越したことはありません。