自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険が下りるまでの流れ

 

まず、自動車事故の基本ですが、警察には必ず連絡して下さい。

 

ここで警察に対応してもらい交通事故証明書を発行してもらわなければ、保険金は支払ってもらえないからです。

 

保険会社に連絡すると、保険の契約内容を検討して対応が決められます。

 

自動車保険が下りるまでの流れとして、自動車事故のほとんどは、示談で解決されます。

 

示談とは事故の当事者である加害者と被害者が話し合って過失割合や賠償額を決めて、それに基づいて示談書が作成されます。

 

ここで、話し合いに対して不安を感じる人もいるとは思いますが、ほとんどの任意保険には示談交渉サービスが付いていて、示談は保険会社が行ってくれるので、安心して下さい。

 

問題なく示談が成立し、示談書が作成されると、それに基づいて保険会社から保険金が支払われます。

 

これが基本的な自動車保険が下りるまでの流れです。

 

ですが、このように上手くいかない場合もあります。

 

もちろん、示談が上手くいかず、不成立となってしまうケースもあります。

 

こうなると、調停を裁判所うことになります。

 

それでも示談不成立となると、訴訟を起こすことになります。

 

こうなってくると、時間もお金も掛かってきますので、できればこのような展開は避けたいものです。