自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車事故トラブルの裁判事例

 

自動車事故トラブルの裁判事例でよくあるのが、交通事故を起こしたお互いの意見が食い違うというものです。

 

信号がない街中の細い道での出会い頭の事故で、どちらも言い分があって平行線のまま示談が成立せず、最終的に裁判まで突入してしまうというものです。

 

かなり悲惨な事故ですが、自動車事故トラブルの裁判事例でこんなことがありました。

 

狭い住宅街を運転していて、ドライバーが助手席の音楽プレイヤーに気をとられ、スピードが上がっていて、前を歩いていた園児の集団に気が付いたと時にはもうブレーキも間に合わず、園児と保育士を次々と跳ね飛ばし、4人が死亡、17人が重軽傷を負ったという悲惨な事故です。

 

これはもう犯罪に近いものがあります。

 

こうなってくると、必ず裁判になります。

 

もう一つ自動車事故トラブルの裁判事例です。

 

夜間雨天時の走行中、脇見運転をしていて交差点から進入してくる自転車に気が付かず時速40kmで衝突。

 

ひき逃げ行為をして、自転車の運転者を死亡させたという事件です。

 

このように、自動車事故トラブルの裁判事例で悲惨なものは、自動車が歩行者や自転車運転者をはねて死亡させてしまったというものです。

 

こうなると、当然裁判となり、力の強い自動車のドライバーに非があることになり、重い刑が科せられます。

 

やはり、安全運転が一番ということです。