自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車損害賠償責任保険とは?

 

自動車損害賠償責任保険とは、自動車の交通事故で損害を受けた場合に、最低限の補償が必ず受けられる対人保険のことを言います。

 

略して、自賠責保険と呼ばれています。

 

自動車損害賠償責任保険は、国が加入することを義務付けた強制的な保険で、加入していない自動車は公道を走ることができません。

 

もし、保険の証明書がなかったり、保険の期限が切れていたりすると、罰金が数十万円にもなります。

 

さらに、違反点数は6点なので、自動車損害賠償責任保険に未加入というだけで、一発で免許停止になってしまいます。

 

自動車損害賠償責任保険は、あくまで人身事故に限定されている保険です。

 

被害者のケガや死亡に対してのみ賠償金が支払われる保険です。

 

加害者のケガや自動車の破損などは対象外です。

 

自動車損害賠償責任保険の支払額ですが、あくまで最低限の補償ということになっています。

 

限度額としては、死亡時は3000万円、ケガの治療には120万円、後遺障害に対しては、程度に応じて75万円〜4000万円となっています。

 

通常、交通事故で被害に遭った場合、まず自動車損害賠償責任保険から保険金が支払われ、それでも足りない場合は、不足分を任意保険から支払うといった順番になっています。

 

自動車損害賠償責任保険は、自動車保険の基本となる大切な保険と言えます。