自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車損害賠償保障事業とは?

 

自動車損害賠償保障事業とは、交通事故の相手が自賠責保険に加入していない無保険だった場合に適用される保証の仕組みのことを言います。

 

他にも当て逃げなどの相手がわからない事故の場合や、相手に支払い能力がない場合も自動車損害賠償保障事業が適用されます。

 

自動車損害賠償保障事業の救済範囲の金額は、自賠責保険の基準に準じます。

 

自賠責保険はケガに対する補償のみが適用となり、自動車の修理代は支払われませんので、自動車損害賠償保障事業についても同じ扱いとなります。

 

また、自動車損害賠償保障事業は、自動車保険会社が窓口となりますので、自動車保険会社に連絡して、書類を請求して下さい。

 

書類は記載事例が説明されたパンフレットと一緒に無料で提供されることになります。

 

そして、気になる治療費ですが、基本的に治療完了後の請求しかできません。

 

また、治療費は健康保険適用が強制適用されますので、もし自由診療で治療をしたとしても、健康保険を適用した場合での計算がされますので、注意が必要です。

 

そして、一番の問題はとても時間がかかるということです。

 

治療費の請求後、国土交通省が審査して支払いを行うのですが、通常で1年以上も時間がかかります。

 

ですが、当て逃げなどで全く費用が出ないことを考えれば、最低限の保証が受けられるわけですから、万が一のことを考えて自動車損害賠償保障事業は覚えておいた方がいいと思いますよ。