自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車損害賠償保障法

 

自動車損害賠償保障法は、国によって定められた法律です。

 

自動車損害賠償保障法があることによって、自動車事故による損害賠償を法的に保障することができるようになっています。

 

もし、自動車損害賠償保障法がなければ、交通事故で被害にあっても、加害者が被害者に損害賠償をしなくてもいいことになってしまい、被害者はやられ損になってしまいます。

 

この法律のおかげで、被害者は保護されることになり、自動車運送が健全に発達していくことになるのです。

 

自動車損害賠償保障法が存在することによって、トラックやタクシーなどの自動車の運行によって利益を得ている事業者は、交通事故に対しての責任を負うことにもなります。

 

また、強制保険とも呼ばれている自動車保険の一つである自賠責保険に加入することによって、賠償事故が起きても出費が少なくなり、被害者を保護することができ、トラックやタクシーなどの事業者にとっても利益となってくるわけです。

 

そして、事業者のみならず、一般人にとっても自動車を運転するにあたって自動車損害賠償保障法にのっとり、ある意味責任が発生しているわけです。

 

こうして、自動車事故を起こして相手に被害を与えてしまった場合は、必ず損害賠償をしなければいけないということが、法律で定められているのです。