自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

記名被保険者とは?

 

自動車保険における記名被保険者とは、事故に遭った後の補償の中心となる人のことです。

 

賠償責任保険や人身傷害保険における補償を受けられる範囲を決定するために、まず記名被保険者から見てどういう関係なのか、という感じで決めるからです。

 

普通の場合は、記名被保険者は契約の自動車を自由に支配・使用する正当な権利を有する人であって、契約の自動車の自動車検査証等の「所有者の氏名又は名称」欄や「使用者の氏名又は名称」欄に記載されている人になります。

 

また、ノンフリート等級の継承の範囲も記名被保険者によって決まってきます。

 

つまり、同じ自動車であっても、所有者が変わり記名被保険者が変更になると、ノンフリート等級の継承はされないということになります。

 

また、気をつけなければいけない例として、もし父が記名被保険者の場合、娘は結婚していなければ家族として補償の範囲に入りますが、結婚して父と別居した場合には、家族の範囲から外れて家族としての補償の範囲から外れてしまう、なんてことがあります。

 

ですから、記名被保険者の欄はその自動車を運転する家族の状況を良く分析してから決める必要があります。

 

最近では、特約などで交通事故に遭った場合の保険金が大きく変わってきます。

 

記名被保険者を誰にするかは慎重に決めましょう。