自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

ライプニッツ方式とは?

 

ライプニッツ方式とは、自動車保険における事故により死亡または後遺障害が残った被害者の逸失利益の計算方式の一種のことです。

 

逸失利益というのは、被害者が生きていて健康だったら得ることができたであろうと予測される収入のことです。

 

つまり、ライプニッツ方式というのは、交通事故に遭った被害者が健康であったならば、死ぬまでにこれくらいは稼いだであろう金額を予測して計算する方式のことです。

 

ライプニッツ方式は、どういった計算内容になっているかというと、逸失利益額の中間利息を複利法によって控除するといった内容です。

 

簡単に説明すると、利息を元本に入れて計算するということです。

 

考え方の例を挙げます。

 

亡くなった被害者が年収1000万円で、勤務可能年数が10年だとすると、1000万円X10年で1億円稼げたわけです。

 

逸失金額は1億円ですが、1億円分を稼ぐのは10年後となります。

 

10年間の利息分を考えると、今1億円支払うと利息分を払い過ぎてしまうので、一括で支払われる金額は1億円よりもっと少なくなります。

 

利息分込みでの1億円を支払うような計算方法がライプニッツ方式です。

 

計算方法については難しいかもしれませんが、要はより現代のお金のシステムに合わせた、不公平感のない形にするための保険金の計算方法が、ライプニッツ方式だとわかっていただければいいと思います。