自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険の等級別料率制度とは?

 

自動車保険の等級別料率制度は、事故を起こさない優良ドライバーの保険料をどんどん安くしていきましょう。

 

逆に、事故を起こして保険を使うドライバーの保険料については高くしていきましょう、という制度です。

 

そうでないと、事故を起こすドライバーと起こさないドライバーでは不公平な扱いになってしまうからです。

 

仕組みとしての自動車保険の等級別料率制度は、以下のようになっています。

 

等級は1〜20等級まであり、新規契約時は6等級からスタートします。

 

1年間無事故の場合は翌年の等級が1等級づつ上がっていき、逆に、事故を起こして保険を使うと3等級下がります。

 

等級が上がれば上がるほど保険料は安くなり、等級が下がれば下がるほど保険料は高くなります。

 

割引率が最大の17等級以上と割引率が最低の1等級では保険料が4倍以上も違います。

 

ということで、保険料を安くするためにも自動車保険の等級別料率制度を利用して無事故の優良ドライバーでありたいものです。

 

注意点として、この等級は保険会社が変わっても引き継がれることになりますので、保険料を安くするために他の自動車保険会社に変えようと思っている人は心配いりません、大丈夫ですよ。