自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険のエアバッグ割引とは?

 

車にエアバッグが装備されていると自動車保険が割引になる制度ではあるのですが、割引率や条件などの具体的な内容はどうなっているのでしょうか。

 

エアバッグが装備されていれば、もし交通事故に遭っても人体への被害は軽減されます。

 

そうなると、自動車保険会社も支払う保険料が安くて済むわけですから、その分保険料が安くなるというのが、基本的な自動車保険のエアバッグ割引の仕組みです。

 

エアバッグの装備にもいくつかパターンがあります。

 

運転席にだけエアバッグが装備されている場合もありますし、エアバッグが運転席と助手席両方に装備されている場合もあります。

 

エアバッグが運転席と助手席両方に装備されていることをデュアルエアバッグと言います。

 

この場合は、「人身傷害」、「搭乗者傷害」、「自損事故保険料」が15%割引となります。

 

他にもサイドエアバッグや後部座席のエアバッグなど、自動車の車種やグレードやオプションの選択によってエアバッグの装備内容は変わってきますので、一度、自分の自動車のエアバッグの装備がどうなっているのか確認しておくといいでしょう。

 

注意点としては、自家用普通乗用車や自家用小型乗用車には、自動車の分類が、自動車の型まで考慮して、保険料の計算がされていて、エアバッグ割引が既に組み込まれているため、別にエアバッグ割引を契約する必要はありません。

 

エアバッグ割引のように、自動車事故に遭った場合の被害を軽減したり、交通事故を起こす確率を下げるような装備には、それ専用の割引制度が設けられています。

 

ABS装置や盗難防止や横滑り防止装置などです。

 

所有する自動車のこれらの安全装置については、自分で把握しておいた方が良いと思います。