自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

損害保険料率算出機構とは?

 

損害保険料率算出機構とは、損害保険業の健全な発達と保険契約者等の利益の確保を目的とする、日本で唯一の料率算出団体です。

 

損害保険料率算出機構は、略称として「損保料率機構」と称されたり、英語の頭文字をとって、「NLIRO」と称されることがあります。

 

損害保険料率算出機構は、損害保険料率算定会と自動車保険料率算定会という別々の会社が2002年に統合されて業務を開始しました。

 

例えば、自動車事故の自賠責保険金の支払いについては、最終的な決定権限は自賠責保険会社が持っています。

 

ですが、損害保険料率算出機構の損害調査結果のデータを基準として保険金の金額が決定されます。

 

ですから、損保料率機構の損害調査結果によって、被害者の受け取る賠償金は、大きく左右されるということが言えます。

 

このように、自動車保険の保険金に大きな影響力がある損害保険料率算出機構ですが、もし、被害者が損保料率機構の損害調査結果に不服がある時は、自動車保険会社を通じて異議申立を行うことができます。

 

もし、自動車事故に遭ってその支払われる保険金の内容に不満があるならば、こういった手段もあるということを覚えておくといいでしょう。