自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険料率算定会とは?

 

自動車保険料率算定会とは、自動車保険および自賠責保険の料率の算出を行う料率算出団体です。

 

自動車保険料率算定会は、自動車保険や自賠責保険の関連事項の調査や研究を行っており、自賠責保険の損害調査を行うため、全国の主要都市に調査事務所を置いています。

 

もともと、自動車保険料率算定会は、前身である損害保険料率算定会と自動車保険料率算定会が統合され、平成14年に業務を開始しました。

 

自賠責保険は、国が法律で定めた自動車の強制保険です。

 

自賠責保険に加入していないと、日本の公道では自動車を運転することができません。

 

また、自賠責保険の保険料率は、自動車保険料率算定会によって一定に定められていますが、常に見直され改定される仕組みになっています。

 

自賠責保険として集められた保険金の中から、自動車事故の自賠責保険が支払われるわけですが、もし、交通事故が少なくなれば、自賠責保険からの保険金の支払いも少なくなります。

 

そうなると、私達、自動車保有者が毎年支払っている自賠責保険の金額も、どんどん少なくなる仕組みになっています。

 

こういったことを自動車保険料率算定会が管轄して運営しているのです。

 

究極は交通事故がゼロになって、自賠責保険を支払わなくてもよくなるという状態でしょう。

 

そうなるべく、自動車保険料率算定会も運営されていることでしょう。