自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険の全損のみ担保とは?

 

自動車保険の全損のみ担保とは、自動車保険において、交通事故などで自動車に損害があった場合に、全損の場合のみ担保して、保険金を支払うということです。

 

具体的には、車両危険限定担保特約や全損のみ担保型特約と言われる特約の場合に使われます。

 

全損と分損の定義ですが、全損とは交通事故などで自動車の損傷を修理することができない場合か、または、自動車の修理費が同一車種・同年式・同程度の消耗度の車の市場販売価格相当額にあたる時価額を上回る場合を言い、時価額がそのまま損害額となります。

 

分損とは、自動車の修理費が時価額を下回る場合を言い、実際の修理費がそのまま損害額となります。

 

保険自動車が盗難され発見されなかった場合は、全損扱いとなります。

 

そして、担保・不担保も保険用語ですが、担保とは保険会社が保険金を支払うことを言います。

 

逆に不担保とは、保険会社が保険金を支払わないということを言います。

 

現実的に自動車保険において全損のみ担保の特約に加入する場合は、リスク細分型で保険金を安く抑えたい場合に検討するといいでしょう。

 

ただし、全損のみ担保であって、分損は担保しませんので、自分の自動車の利用方法や車体価格をよく比較検討してから加入して下さい。