自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険の全損終了とは?

 

自動車保険の全損終了とは、程度の大きな自動車事故で、契約車両が損害を修理できない、いわゆる全損の状態で多額の死亡保険金が支払われるような場合に、保険契約がその事故の発生時点で終了してしまうということです。

 

簡単にいうと、「もう保険金はたくさん支払ったので、保険契約は終わりにしますよ」ということです。

 

自動車保険の全損終了の例としては、被保険者とその家族全員が死亡してしまうような大きな交通事故で、契約車両が全損となり、全員に搭乗者傷害保険の死亡保険金が支払われる場合などです。

 

全損終了は、自動車保険だけではなく、生命保険や損害保険などの積立型損害保険においても発生することがあります。

 

保険契約が終了しますが、全損失効という言い方もあります。

 

一般的には積立の火災保険などでは保険金額の100%全額を支払った場合、積立の傷害保険でも死亡保険金を支払った場合、これと同等の保険金を支払う後遺障害が発生した場合には、保険期間の途中であっても、保険契約自体はその段階で終了します。

 

そして、所定の保険金を支払うことによって全損終了すると同時に、満期返戻金として返っててくる予定だったお金は返されないという規定になっているのです。

 

このように、自動車保険の全損終了という規定があることによって、ある意味、無制限に補償するということに対して線引きをしているのです。