自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自動車保険の全損とは?

 

自動車保険の全損とは、自動車が修理不可能の状態まで損害を受けて損傷してしまった場合、または、自動車の修理費用が公に定められている自動車保険車両標準価格表の金額を上回ってしまった場合のことを言います。

 

つまり、まだ乗れる状態であっても、修理代金が高くついてしまう場合には、全損となってしまうということです。

 

現実的に自動車保険の場合は、自分の所有する自動車にかける保険としては、車両保険に加入します。

 

これで、自分の自動車を金銭的に守ろうというわけですね。

 

実際に交通事故に遭って自動車が損害を受けた場合、自動車保険では全損か分損かで扱いが分かれます。

 

分損とは、自動車の修理費用が公に定められている自動車保険車両標準価格表の金額を下回る場合のことを言います。

 

もし、全損となった場合には、自動車の所有権は自動車保険会社のものとなります。

 

自動車好きでパーツを交換したり、後から色々なアクセサリーをつけていた場合も、そのまま持っていかれてしまうわけです。

 

中には、自動車の車両金額よりも改造金額の方が高い人もいますから、こういう場合は、自動車保険で全損として支払われた金額では、車両は新しくなっても、ノーマルのままなので改造費用は当然自腹となってしまうわけですね。

 

ですから、自動車を色々とイジるのが好きな人は、そういったリスクも覚悟の上で行ってくださいね。