自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

損害賠償責任とは?

 

損害賠償責任とは、故意や過失により他人の身体、財物に損害を与えた時に、その損害をお金で賠償する責任の事をいいます。

 

損害賠償責任は、民法および自賠法の規定によって定められています。

 

損害賠償責任を自動車事故について考えてみると、自動車事故を引き起こしてしまい、自分が原因で相手に被害を与えてしまったら、その損害額をお金で賠償しなければいけないということです。

 

当たり前のように感じるかもしれませんが、もし法律で定められていないと、ダダをこねて損害賠償をしないということが、まかり通ってしまいますので、これは、法社会においては、とても大事なことです。

 

ですが、現実的に自動車事故を起こしてしまった場合に、損害額というのは、物損だけでもかなりの高額になることは簡単に想像できると思います。

 

そんな高額なお金を誰もが賠償できるわけではありません。

 

そこで保険が登場するわけです。

 

自動車事故における損害賠償責任についての保険を自動車損害賠償責任保険と言い、略して自賠責保険と呼んでいます。

 

自賠責保険は、交通事故で損害を受けた被害者が泣き寝入りしてしまうことがないように、最低限の補償を受けられることを目的とした自動車保険制度です。

 

自賠責保険は、国が加入を義務付けていますので、自賠責保険に加入していない自動車は公道を走ることはできません。

 

よって、強制保険とも呼ばれています。